読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系()エンジニアの痛いブログ

Webエンジニアがまったりと考えたこととか書いてます。

プロジェクトマネージャ試験リアルタイム体験記その1

唐突ですが、今年の春季はプロジェクトマネージャ試験受けます。これまでの情報処理試験では、一昨年の秋に基本情報、昨年の秋に応用情報を取得しました。基本は初回で、応用は2回目で合格しました。

せっかく応用情報合格して、午前Iが免除なので、早速高度試験に挑んだ方がお得かなと。というよりは、そもそも高度は最初にプロジェクトマネージャ試験受けようと考えてて、やっと応用合格した、という感じです。

2月スタートは遅いかな、と思いつつも仕事で大きなイベントが1月にあって、手を付けませんでした。まぁ、優先度の問題です。

で、やっと勉強始めたので、リアルタイムな体験記を書こうと思い立って、このブログ記事を書きました。

ネットで情報見ると、合格体験記を見ると自己効力感が得られて良い、と書いていたので、自分にプレッシャーをかけつつ、これから受験する人にも有意義な体験記にしていきたいです。

今回は、勉強するにあたって買った本を紹介します。ネットで素晴らしいと言われている本をamazonで買っただけなので、有名な本ばかりです。あと、合格できなくても参考書に罪はありません。

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2016年版

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2016年版


こちらの本を購入しました。表紙に圧倒的な支持率と書かれているだけあって、内容も素晴らしいと思いました。

試験に受かるための参考書としては、やはり他の追随を許さない内容となってます。軽く立ち読みした他の本と比べても一目瞭然です。

今回、僕はこの本に掲載されているWBSを参考に試験勉強に臨んでみようと思います。まずは、TrelloにWBSのタスクを登録しました。

画像貼る

午前IIは、とりあえず過去問をやってみて、80点に乗らなければ勉強する方針でいきます。僕の持論では、練習で8割できていれば、本番でその8割しか発揮できなくても受かります。なので、練習の合格点は8割です。

もとのWBSは7ヶ月ですが、僕が持っている時間はだいたい10週間なので、どこか削らないと間に合いません。今のところは、論文のテーマが全部で7つなので、ここを3つぐらいに絞ってやろうと思ってます。

参考書をきちんと読みつつ、過去問をこなし、かつ合格論文を用意する。これだけ大変なことを2ヶ月でやる、大変だとは思ってますが、見返りも大きいので(知識がつくのと同時に給料もアップ)、絶対受かります。